ブログ

ドローンの飛行許可申請方法について

ドローンの飛行許可申請方法について

ドローンは、空撮や荷物の配達など、さまざまな用途に使用できる優れたツールです。しかし、ドローンを安全かつ合法的に飛行させるためには、飛行許可を取得する必要があります。この記事では、ドローンの飛行許可申請方法と、飛行許可申請をしなかった場合の影響について説明します。

飛行許可申請の必要性

日本では、航空法に基づき、原則としてドローンを飛行させるためには、国土交通省の飛行許可を取得する必要があります。飛行許可が必要な場合の具体的な例をいくつか挙げます。

  • 人口集中地区(DID)の上空を飛行させる場合
  • 夜間飛行を行う場合
  • 目視外飛行を行う場合
  • 150gを超える重量のドローンを飛行させる場合

ただし、以下の場合には、飛行許可を取得しなくてもドローンを飛行させることができます。

  • 200g未満の重量のドローンを、目視下で、人口集中地区や空港などの飛行禁止区域を避けて飛行させる場合
  • 試験飛行や研究開発等の目的で、国土交通省の許可を受けて飛行させる場合

飛行許可申請の流れ

飛行許可申請は、国土交通省のウェブサイトからオンラインで行うことができます。申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 申請書
  • ドローンの登録証(国土交通省に登録済みのドローンに限る)
  • 操縦者の免許証(操縦士免許を取得している場合に限る)
  • 飛行計画書

申請書は、国土交通省のウェブサイトからダウンロードできます。飛行計画書には、ドローンを飛行させる日時、場所、高度、目的等を記載する必要があります。

申請料は1,000円です。申請料は、クレジットカードまたは銀行振込で支払うことができます。

申請が受理されると、国土交通省から飛行許可証が発行されます。飛行許可証は、飛行許可を取得した日から1年間有効です。

飛行許可申請をしないデメリット

飛行許可申請をしなかった場合、以下のデメリットがあります。

  • 罰金が科せられる可能性があります。
  • ドローンを没収される可能性があります。
  • 刑事告訴される可能性があります。

*罰金:航空法の規定に違反して無人航空機を飛行させた場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。

飛行許可申請の注意点

飛行許可申請を行う際には、以下の点に注意してください。

  • 申請書に正確に記入してください。
  • 申請料を支払ってください。
  • 飛行許可証は、飛行許可を取得した日から1年間有効です。
  • 飛行許可証は、飛行させる場所に必ず携帯してください。
  • 飛行許可証の有効期限が切れた場合は、更新してください。

ドローンの飛行許可申請方法について

ドローンは、空撮や荷物の配達など、さまざまな用途に使用できる優れたツールです。しかし、ドローンを安全かつ合法的に飛行させるためには、飛行許可を取得する必要があります。この記事では、ドローンの飛行許可申請方法と、飛行許可申請をしなかった場合の影響について説明します。

飛行許可申請の必要性

日本では、航空法に基づき、原則としてドローンを飛行させるためには、国土交通省の飛行許可を取得する必要があります。飛行許可が必要な場合の具体的な例をいくつか挙げます。

  • 人口集中地区(DID)の上空を飛行させる場合
  • 夜間飛行を行う場合
  • 目視外飛行を行う場合
  • 150gを超える重量のドローンを飛行させる場合

ただし、以下の場合には、飛行許可を取得しなくてもドローンを飛行させることができます。

  • 200g未満の重量のドローンを、目視下で、人口集中地区や空港などの飛行禁止区域を避けて飛行させる場合
  • 試験飛行や研究開発等の目的で、国土交通省の許可を受けて飛行させる場合

飛行許可申請の流れ

飛行許可申請は、国土交通省のウェブサイトからオンラインで行うことができます。申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 申請書
  • ドローンの登録証(国土交通省に登録済みのドローンに限る)
  • 操縦者の免許証(操縦士免許を取得している場合に限る)
  • 飛行計画書

申請書は、国土交通省のウェブサイトからダウンロードできます。飛行計画書には、ドローンを飛行させる日時、場所、高度、目的等を記載する必要があります。

申請料は1,000円です。申請料は、クレジットカードまたは銀行振込で支払うことができます。

申請が受理されると、国土交通省から飛行許可証が発行されます。飛行許可証は、飛行許可を取得した日から1年間有効です。

飛行許可申請をしないデメリット

飛行許可申請をしなかった場合、以下のデメリットがあります。

  • 罰金が科せられる可能性があります。
  • ドローンを没収される可能性があります。
  • 刑事告訴される可能性があります。

*罰金:航空法の規定に違反して無人航空機を飛行させた場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。

飛行許可申請の注意点

飛行許可申請を行う際には、以下の点に注意してください。

  • 申請書に正確に記入してください。
  • 申請料を支払ってください。
  • 飛行許可証は、飛行許可を取得した日から1年間有効です。
  • 飛行許可証は、飛行させる場所に必ず携帯してください。
  • 飛行許可証の有効期限が切れた場合は、更新してください。

まとめ

ドローンを安全かつ合法的に飛行させるためには、飛行許可申請を行う必要があります。飛行許可申請は、比較的簡単なプロセスです。ただし、申請書に正確に記入して、申請料を支払うことが重要です。飛行許可を取得したら、ドローンを安全かつ合法的に飛行させることができます。