ブログ

ドローンの飛行のルール:始める前に知っておくべきこと

ドローンの飛行のルール:始める前に知っておくべきこと

ドローンは、空中からの素晴らしい写真を撮ったり、新しい場所を探索したりするための楽しい方法です。しかし、ドローンを飛行させる前に知っておくべき規制やガイドラインがいくつかあります。

ここでは、ドローンを安全かつ合法的に飛行させるために知っておくべきことをいくつか紹介します。

規制

総重量100グラム以上の無人航空機(ドローン)の飛行は、航空法により規制されています。飛行させる際には、以下の点に注意が必要です。

  • 飛行禁止空域:空港や人口集中地区など、飛行を禁止されている空域があります。飛行禁止空域は国土交通省のウェブサイトで確認できます。
  • 高度制限:ドローンの飛行は、150メートル以上の高度では禁止されています。
  • 目視外飛行:操縦者がドローンを目視できない状態での飛行は禁止されています。これは、ドローンが操縦者の視界から離れた場合、衝突や墜落を引き起こす可能性があるためです。
  • 夜間飛行:夜間にドローンを飛行させることは、原則禁止されています。これは、夜間は視界が悪く、ドローンを安全に飛行させることが困難なためです。
  • 人の密集する場所での飛行:人や物件が密集している場所での飛行は禁止されています。

これらの規制に違反してドローンを飛行させた場合、50万円以下の罰金が科せられることがあります。

また、国土交通省は、ドローンの飛行に関するガイドラインを定めています。このガイドラインでは、上記の規制に加えて、以下のような点にも注意するよう呼びかけています。

  • 気象条件の確認:風速や気温などの気象条件が飛行に適していることを確認する必要があります。
  • 周囲の安全の確保:人や物にぶつからない場所で、他人に迷惑をかけない場所で飛行する必要があります。
  • 飛行計画の作成:飛行する前に、飛行経路や飛行時間を決めておく必要があります。
  • 緊急時の対応策:万が一の事故に備えて、緊急時の対応策を決めておく必要があります。

ドローンの飛行を安全に行うためには、これらの規制やガイドラインを遵守することが重要です。

免許

特定の飛行を行うためには、免許や許可が必要となります。

  • 目視外飛行:操縦者がドローンを目視できない状態での飛行を行うためには、小型無人機操縦技能証明の取得が必要です。
  • 夜間飛行:夜間にドローンを飛行させるためには、夜間飛行許可の取得が必要です。
  • 人口集中地区での飛行:人口集中地区でドローンを飛行させるためには、人口集中地区飛行許可の取得が必要です。

免許や許可は、国土交通省のウェブサイトで申請できます。

免許がなくてもできる飛行

免許がなくてもできる飛行もいくつかあります。

  • 自宅の庭で飛行させる場合
  • 公園や広場で飛行させる場合
  • 人や物から30m以上離れて飛行させる場合

ただし、これらの飛行でも、飛行禁止空域や高度制限などの規制には従う必要があります。

まとめ

ドローンを飛行させる際には、以下の点に注意してください。

  • 規制を遵守する
  • 免許や許可を取得する必要がある場合は、取得する
  • 飛行計画を立てる
  • 周囲の安全に注意する
  • 万が一に備える