ブログ

ドローンの機体登録制度を解説!

ドローンの機体登録制度を解説!

無人航空機(ドローン)の登録制度について

アバター
無人航空機(ドローン)の登録制度って何??
アバター
それは、ドローンの飛行に関するルールを守るための制度だよ。

近年、無人航空機(ドローン・ラジコンなど)の利活用が急増しています。

しかし、それと同時に事故や無許可での飛行が頻発しています。

このような状況を踏まえ、2022年6月20日に登録制度が施行されました。

この制度により、無人航空機の登録が義務化され、登録されていない無人航空機を飛行させることはできなくなりました

アバター
それって、どういうことなの?
アバター
つまり、ドローンを飛行させる前に登録が必要になったんだよね!

無人航空機登録について

アバター
登録記号って何?
アバター
それは、ドローンが登録されていることを示すための記号だよ

登録の手順 無人航空機の登録には、以下の3つのステップが必要です。

  1. ドローン情報基盤システム2.0での登録申請
  2. 本人確認(マイナンバーカード・運転免許証・パスポート)
  3. 手数料の納付

これらの手続きが完了すると、申請した機体の登録記号が発行されます

発行された登録記号は、機体に確実に表示する必要があります。

リモートIDとは??

アバター
リモートID機能って何?
アバター
それは、ドローンが飛行中でも識別できるようにするための機能だよね!

リモートID機能の搭載 登録記号の表示だけでなく、リモートID機能の搭載も必要です。

リモートID機器から電波で機体の識別情報を発信することにより、

飛行中でも登録されている機体かどうかを判別可能にします。

これにより、空の安全を確保します。なお、発信される情報に個人情報は含まれません

登録前にチェックリストを作成しよう

アバター
登録申請をする前に何を準備すればいいの?
アバター
本人確認書類や連絡先、機体の情報、手数料などが必要だよ

登録申請前のチェックリスト 登録申請を行う前に、以下の点を確認してください。

  • ご本人確認書類はご用意いただきましたか?
  • 会社情報のわかる書類はご用意いただきましたか?※企業・団体に限る
  • 連絡の取れるメールアドレス・電話番号をご用意いただきましたか?
  • 機体の情報がわかる資料はお手元にございますか?
  • 申請に係る手数料はご用意いただきましたか?

これらを確認してから申請を行うことで、スムーズな手続きが可能となります。

よくある質問とその回答

アバター
でも、具体的な手続きや注意点が気になるなぁ…
アバター
それなら、よくある質問とその回答を見てみよう!

以下に、無人航空機の登録制度に関するよくある質問とその回答をまとめています。

  • Q:登録申請を行いましたが、何の連絡もありません。自分の申請はどのような状況ですか?
    A:ドローン情報基盤システム2.0では申請状況を確認できます。処理を行ってすぐはシステムに反映されないため、しばらく待ってからご確認ください。また、書類の郵送を選択してオンライン申請を行った後、本人確認書類の郵送忘れが増えております。本人確認書類を送付頂かないと手続きされませんのでご注意ください。
  • Q:登録されていない無人航空機を飛行させた場合、どのような罰則がありますか?
    A:航空法に基づき、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。
  • Q:登録制度の対象となる無人航空機は何ですか?
    A:屋外を飛行させる100g以上のすべてのドローン・ラジコン機が対象です。
  • Q:無人航空機を複数所有している場合、すべての機体の登録が必要ですか?
    A:一機ごとに飛行させる前までに登録を受け、登録記号の表示等の措置を講じる必要があります。
  • Q:登録には何か費用がかかりますか?
    A:登録手数料を納付する必要があります
  • Q:事前登録をすれば、リモートID機器の搭載は不要になりますか?
    A:事前登録期間中(2021年12月20日から2022年6月19日までの間)に登録申請を完了した場合はリモートID機器の搭載は必須ではありません
  • Q:事前登録をすると有効期間が短くなるのではありませんか?
    A:登録が義務となる本年6月20日以前に事前登録をしても、有効期間は6月20日から3年間となります。有効期間が短くなることはありません。
アバター
なるほど、よくある質問を見ると、自分が抱えている疑問が解消されるね!
アバター
そうだね、事前に情報を確認しておくことで、スムーズに手続きが進められるよ!

まとめ

  • 無人航空機(ドローン)の登録制度は、事故や無許可飛行を防ぐための制度です。
  • 登録制度は2022年6月20日に施行され、登録されていない無人航空機の飛行は禁止されています。
  • 登録には、ドローン情報基盤システム2.0での申請、本人確認、手数料の納付の3つのステップが必要です。
  • 登録が完了すると、機体に表示する登録記号が発行されます。
  • リモートID機能の搭載も必要で、これにより飛行中の機体の識別が可能となります。
  • よくある質問を確認することで、具体的な手続きや注意点を理解することができます
アバター
「無人航空機の登録制度は、事故防止のためのもので、登録、本人確認、手数料の納付が必要なんだね。そして、登録が完了すると登録記号が発行され、リモートID機能の搭載も必要なんだね。そして、よくある質問を見ることで、具体的な手続きや注意点を理解できるんだね。
アバター
その通り!これらを守ることで、安全にドローンを飛行させることができるんだよね!